一般庶民は夫婦で働かなくては家計が成り立ちませんでした 
katosayosokuho

1 / 16

2 贈与若クハ遺贈ヲ受諾シ又ハ之ヲ拒絶スルコト
塩原秀子-帝京大学講師の「既婚女性の労働」(『帝京経済学研究 38(2)』 2005)では次のように述べています

一般庶民は夫婦で働かなくては家計が成り立ちませんでした

新着コメント

article 国税庁を財務省から切り離すことも無意味になる